書きたいことは何だろう。

思いつくままに好きなことを書き溜めるだけ。

MENU

3DSのダウンロードソフト「マル合格! ITパスポート試験 平成27年度版」

ITパスポートの資格を取得する必要ができてしまいました。業務上ITに直接関わるわけではないものの、ITリテラシー強化の一環とのことだそうです。個人的にも、IT回りの知識をちゃんと勉強したいという思いがあったので、ちょうどいいタイミングでもあります。

このブログもまさにそうですが、当然のように使っているインターネットがどういう仕組みで成り立っているのか、理解しきれていないまま「こういうもんだ」という理解のもとで使っているんですよね。多少はその原理仕組みを理解してみたいなあという、改めての思いがあります。


ざっくり勉強計画

今回の取得期限としては2016年6月末。まだ半年以上あります。ただ、ほうっておくとあっというまに期限ぎりぎりの状況は想像に容易いんですよね。なまけものは直前にならないと動かないのです。ということを考えるとある程度の計画を立てて事前に動いておきたいですね。その計画通りに行くかはさておきですが。

ぐぐってみたところ、勉強時間としては100時間を目安にという記述がちらほら。中には最短20時間なんてのもありますね。ざっと中身を見た感じ、100時間かかるような内容でもないような気はしていますので、いったん50時間と仮定してみます。

このあたりを踏まえて、自己目標としては12月から勉強開始の3月末取得とすると、勉強期間としては4か月。単純計算で一日25分。通勤が片道1時間なので、その時間を勉強時間に充てると考えれば、無理なく行けそうです。

3DSで勉強してみようと思います。

通勤時間で勉強することを考えると、あんまり分厚い参考書は遠慮しておきたいところです。重いし、鞄が太っちょになるのは嫌ですし。

というところで候補に挙がったのがこちら、3DSのダウンロードソフトでした。
マル合格! ITパスポート試験 平成27年度版
www.nintendo.co.jp

  • 税込2800円。参考書1冊と比較すると割高。
  • 分厚い参考書を持ち歩くよりもかさばらないのは利点。
  • 5つある学習モードが便利そう。

・「練習問題」モード
「お手軽」「とことん」「分野別」「年度別」「傾向と対策」の5つのコースを搭載。
・「弱点克服」モード
正答率の低い問題のみを抽出して徹底特訓できます。
・「問題閲覧」モード
初めて勉強する方向けに、解説を読みながら勉強できます。
・「用語閲覧」モード
試験に出る必須用語を勉強できます。用語と意味を確認できます。
・「データ閲覧」モード
総合成績ランクが表示され、分野別に実力を把握できます。

  • 勉強に疲れたらゲームすればいいじゃない(最近、いまさらながらルーンファクトリー4を買いました。ゼルダの最新作トライフォース3もやってみたいのですが、amazonレビューが酷いことになっていて手を出す勇気がありません)
  • 単純に学習系の3DSソフトを一度使ってみたかった

弱点克服モード、データ閲覧モードなどはまさにデジタルの長所を活かせてますね。
紙ベースで、チェックボックスを塗りつぶしたり付箋を使ったりするのもいいですが、通勤電車の中でとなるとできるだけ身軽にやりたいですから、重宝しそうです。

心配なのはソフトの操作性と上記のデータ分析の精度、あとはそもそもの収録内容のボリュームですか。まず11月中はこのソフトを購入して、操作性を確かめてみて、実際にこれで行けそうか検証するところをやってみようと思います。これ一本で事足りるクオリティであれば非常にうれしいですね。